師範日誌

松栄塾の日々の活動、道場でのちょっとした出来事 映画情報、音楽情報、読書感想 観戦記を、 報告いたします  更新はなるべく毎日行うように 致します 教育とは魂の設計なり

国際武術総合空手道連盟と松栄塾の日々の活動をご報告致します また師範の武道教育の柱となっている「魂の設計」について 思うままに書き連ねております 松栄塾 塾生は必見 連絡等も行います.押忍

平直之先生をお迎えし、活殺の活術を教えていただきました、                               
本来、武術には殺す技と活かす技があり、平先生は長い格闘技経験から、健康になる道場を多く増やすため様々な武術のエッセイを取り入れた術を開拓されてきました、短時間な為、その一部しか紹介できませんでしたが、骨を動かすことにより変わる身体の数々を実演してくださいました。
今後、松栄塾空手にこのような武術を取り入れ生涯健康でいられる武術を確立して参りたいと思います。
Clip to Evernote

明後日 土曜日 一昨年、西島洋介引退試合でレフリーを務めていただき、年末の炎の体育会TVで
活躍をされており武道を活殺と捉え、新たなるジャンルを切り開いていらっしゃる平直行先生が
おこしになられます。    1月10日(土)午後六時から七時まで 平直行先生 活殺ライトセミナー
 平先生プロフィール
中学時代から東孝の下で空手(極真会館宮城支部→大道塾)を始め、高校時代にはボクシング部に所属。修斗、ブラジリアン柔術(カーリー柔術アカデミー黒帯・弐段)、シュートボクシングと多くの格闘技を習得し、独自の技術理論、試合経験を持つ。
修斗では北原辰巳(現・プロレスラーの北原光騎)、中村頼永(USA修斗代表)らとスーパータイガージムでインストラクターを務め、プリシューティング選手権では優勝。その後、シュートボクシングに転向、シーザージムに移籍する。
シュートボクシング時代は阿部健一や大江慎と共に三羽烏と称され、デル・アポロ・クック、マンソン・ギブソン、吉鷹弘らと激闘を展開。明るいキャラクターとトリッキーなファイトスタイルで人気を集める。
1992年3月に正道会館主催の「格闘技オリンピック」に参戦。リングスルールでエリック・エデレンボスと対戦、アームロックで一本勝ち。当時の平は前田日明や船木誠勝とも違ったタイプの総合格闘技の象徴的存在だった。
数度のリングス参戦を経てゼンショー総合格闘技部へ移籍するも、膝の負傷により長期欠場。その間にUFC、ブラジリアン柔術が出現するなど総合格闘技界の勢力分布図が大きく変動し、平はサンフランシスコでカーリー・グレイシーより柔術を学ぶ。
1995年9月にヤン・ロムルダー戦で復帰、柔術修行の成果を見せつける。翌10月にブラジルで開催されたバーリトゥード・ブラジル・オープンに出場、1回戦でキックボクサーのモーリス・トラビスに勝利。なお、この大会の優勝者にはヒクソン・グレイシーへの挑戦権が与えられていたが、主催者の不手際によって準決勝以降は開催されていない。
1996年、正道会館東京本部にて日本で初めてのブラジリアン柔術クラスを開講する。1998年10月28日の「K-1 JAPAN '98 〜神風〜」で3年ぶりに現役復帰しニック・サンゾーとバーリトゥード・マッチを行う予定であったが、直前になって身内の不幸でサンゾーが帰国し、アレクサンダー大塚とエキシビション・マッチを行った。2003年、古巣であるシュートボクシングの試合を最後に現役を引退。現在はK-1、シュートボクシング、プロレス(IGF等)でレフェリーを務める。
みちのくプロレスや格闘探偵団バトラーツなどでプロレスラーとしても活動した。リングス後楽園実験リーグでミックスドルールで後川聡之(正道会館)と対戦したこともある。ちなみに総合格闘技におけるラストファイトはリングスでの港太郎戦。
ブラジリアン柔術アカデミー「TRI-FORCE」代表の早川光由は平直行の一番弟子である。
ゼンショーが運営する外食チェーン店「すき家」で勤務していた際の様子が格闘技雑誌に掲載されたことがある。セコンド・レフェリーとしても活躍している。
選手、指導者時代も競技・指導する格闘技と並行して国際式ボクシングやサンボ、レスリングなども学んでいた。武術への関心も深く、徐紀から中国武術を、島田道男から太気拳を、島津兼治から日本の古武術である柳生心眼流を学んでいる。また身体の有効な使い方を求め操体法を修行。格闘技と合わせてこれらの武術や身体操作法を後進に指導している。
現在は太気拳気功会に所属し教練として後進の指導にあたっている。武道雑誌の『月刊秘伝』に出筆。同誌とコラボしたDVDなどを多数出している。

img_thema_zukai02

武道の新しい道  「健康になるという武術」テーマ 「活殺活」 とは

(平先生のホームページから引用)

かつての武術には、活殺、あるいは、殺活という概念が、存在していた。
武術が日常だった時代。
現代は、便利になった分だけ、身体の使い方が、忘れられている気がする。
武術の道に入る前に、みんなが自然に身に付けていた身体操作、そして身体感覚。
その感覚を、再び引きだす必要が在る気がする。
身体の内側に眠る、その感覚を引き出す。
そんな事を考えていたら、「活殺活」っていう言葉が来た。
                               平直行
平直行及びSTRAPPLEは「活殺活」をテーマとし活動して行きます。

心の強さは実は、身体の強さでも在る。

武術とは、本来、自分を知り、眠っている自分自身の可能性を引きだす術でも在る。

だから、仕事や学校や家庭で、役に立つと良い。そしてそうやって引き出した物を

今度は人に教えてあげると良い。自分を感じて引きだすそれが活。


本来は武術の技。命を奪うだけの技を争いや諍(いさか)いを収めることに使い

自分自身を高める為の知恵として使う。武術のコツは心と身体をいかに

活かすかという知恵の結晶。

強くないと、見えない世界が在る。強くないのに、見えた気になるのは可笑しい。


自分の身体を知り、元気に生かし、武術の技を通じてそれを高める。

そこで得た感覚と身体は武術の知恵である「活法(かっぽう)」に通じる。

活から殺へと進み、また活となる。活殺活は、もう一度回り出す。

何度も新しく周る、それが生きるという事のように、僕は感じる。

松栄塾 指導員 選手の皆様    是非 御参加ください

Clip to Evernote

新年始まって3日となりました、少年空手も一時間半から二時間半に変更になり
混乱を、招くかとおもいましたが、殆どの、少年が二時間半の新しいスタイルの、稽古を頑張っております、特に新しく取り入れた稽古は、人生最強の力、集中力を磨く集中法稽古です、一言では、説明ができませんか、三ヶ月後、半年後確実に少年を超えた集中力を、もった選手が誕生するのではないかと、今から楽しみです、一時間で上がる少年も今までと違った稽古法で、間違いなく強くなると確信しております、一般部今日は本年から1日増やしたキックボクシングクラスにプロ二勝を目指す斎藤亮二選手始め数名が敦史会長中心にキック稽古に励みました、創立15周年目指して、新生、松栄塾は元気にスタート致しました



















Clip to Evernote

毎年恒例の新年初稽古を開催致しました。
IMG_1066
松栄塾も道場を設立して、もう今年で15年、創立時、産まれた子供も
もう中学三年生です。道場に届く年賀状には創立当初に塾生だった子供達からの
ものもありました、ほとんどの子達がもう、成人したり大学生だったりしています。
みな一様に非行に走ることも無く健やかに自分の道を進んでいる姿に、この仕事を
選んで良かったなと感じます。

その中でも「人格を向上し社会に貢献する」の道場訓を実践している元塾生が
数多く存在します。
そのうちの1人、石井七歩さんは幼稚園から中学まで松栄塾で空手に励みました。
images-1
幼稚園の時、試合の前日に腕を骨折してしまい、ギプスを嵌め首から吊っている状態で
それでも「試合に出る」とお父さんに泣きながら頼み込んで出場
片手で戦って優勝した姿は多くの感動を呼びました。
現在、彼女は「現代美術を担う若手芸術家」として絵画の個展を開き、数多くの賞に輝いております。
images
Unknown
Unknown-1

やはり少年少女時代の成功体験は生涯に渡って自らを支える精神的支柱になると考え
さらなる、武道教育のレベルをあげていきたいと思います。






今年度、指導陣の強化、育成のため「師範会」を結成致しました
筆頭師範代   宇野和也
  師範代   愧蓮^
  師範代   大澤雄一
  師範代   高橋貴広
  師範代   重松 治

筆頭指導員   西村元成
  指導員   弓削田 充
  指導員   大畑 聡
  指導員   門垣祐平
  指導員   斉藤亮二
今までの稽古体系に合わせて新指導陣による、自主トレ、特別稽古を行って参ります
Clip to Evernote

新しい年が始まりました、松栄塾塾生、ご父兄様、お母様、関係者の皆様
明けましておめでとうございます
今年も松栄塾頑張って参ります
今年の目標は
ヽ銅鐶膕颪任両〕
⊃靴靴ち手の育成
寝技、キックの導入で総合空手の完成
そ寮諺加ネットワークの構築
セ愼骸圓琉蘋です
昨年、活躍してくれた門垣選手、斎藤選手を中心としたキック部門の選手を拡大すると共に改めて松栄ジムを立ち上げ
敦史会長中心にキックボクシングの試合に挑戦して参りたいと思います
また、外山晋平先生の柔術寝技グラップリングクラスも始まります
広くお母様の護身術、お父さんの運動不足解消み兼ねたクラスにして参りたいと思います、少年空手は昨年の一時間半稽古から二時間半に時間を拡大し、大会出場選手の育成と次代を担う正義のヒーロー育成の為、武道教育の一環として、理の学習会も兼ねて充実した稽古内容にして参ります、松栄塾も今年結成15周年を迎えます、本年を本迹顕本(仮の姿を捨てて本智を顕わすという)の歳として行きたいと思いますのでよろしくお願い致します  押忍











Clip to Evernote

今年も皆様の応援と激励により国際武術総合空手道連盟 松栄塾、無事に一年の活動を終えることができました、心から感謝申し上げます ありがとうございました 押忍
例によって年間10大ニュースです。


第10位 「マスターにし、(西島洋介)ボクシングマスター開催」
58
西葛西から世界に配信 世界を取ったボクシングテクニックが松栄塾で学べます



第9位「全日本武術総合空手道連盟 全日本大会 開催」
o0600045012933835998
昨年に引き続き浦安運動公園 体育館 メインアリーナで開催、380名の選手を迎え決勝戦は
全て、選手紹介V放映 完全中継というアマチュアキックトーナメントでは考えられない大会に
することが出来ました、友好団体の拳成館 破天荒塾 野地道場 掌道会 求道塾 修心会館他
28団体の皆様、心から感謝申し上げます。
37

57
42






第8位 「テコンドークラス開始 中澤 将君デビュー戦」
東京オリンピック目指してテコンドークラス開催、指導陣には岩倉高校の中澤将君
テコンドーファイターシムソンミン指導員が担当
17






第7位 「灼熱の戦い 2014年夏期合宿 厳寒の冬合宿」
千葉、蓮沼海岸で二泊三日伝統の夏期合宿を開催しました。
最終日は伝説の清澄山 清澄寺での地獄の階段登りに挑戦しました。
05
0710131620232630
33374144485154




また年末には恒例のスキースノボー合宿を開催 マイナス28℃の稽古を経験しました。
132941





第6位 「松栄塾 親父軍団結成」
宇野師範代、筆頭に松栄塾親父軍団が結成されました。来年には総極真、関東大会に挑戦します。
IMG_4989
稽古からの……
03
痛飲……
10882174_590481694417515_1395566987443895727_n
稽古からの……
10308136_532308080234877_3933451628019558486_n
またまた、痛飲……
10882174_590481694417515_1395566987443895727_n





第5位「松栄塾 自治会夏祭り インド祭りで大活躍」
師範が自治会長になって二年目、空手演武が小島町二丁目団地夏祭りの名物になっております
来年はサンバのカーニバルを呼んで、西葛西大行進祭りを行います。
0424






第4位「マス大山メモリアルカップ出場 高橋瑞希優勝」
久しぶり、他流派大会での優勝者、来年は更に大会で活躍して参りたいと思います。
062919






第3位「一般部 昇段者相次ぐ 佐藤 天 シムソンミン初段誕生」
少年から続けてきている2名が高校生、中学生でありながら、一般昇段審査に挑戦
見事、10人組手を完遂し指導員に昇格致しました。
また、少年部最強戦士 西村匡生君も晴れて昇段となりました。
53-2
40
43





 
第2位「松栄塾テレビ出演 JCOMチャンネルにてゲンキーズと対決」
約二週間放映していただきました 街でテレビに出ていましたねと多くの方に声を掛けられました。
IMG_0015























第1位「松栄塾久しぶりのプロ選手 斉藤亮二デビュー戦初勝利」
金澤久幸先生 マスターにし、多くの方々に応援いただき斉藤選手、見事デビュー戦を飾りました
空手、キック、ボクシングと三大チャンピオンの豪華なセコンドが話題を呼びました。
引き続き来年も斉藤亮二 門垣祐平選手は空手最強を示すためキックボクシングに挑戦して参ります。
10872109_893367104030696_537669_nIMG_4979





















来年も空手道 松栄塾全力で頑張って参ります 一年間ありがとうございました 押忍
23
Clip to Evernote

➖20℃の極寒で稽古しました
北海道や東北では、こんな稽古当たり前だと思い一人一人が新たな決意を、持ちました











Clip to Evernote

来年2月の総極真関東大会の選手が決定致しました、
幼児  重松栄麻
二年女子  高橋瑞稀
三年女子  露木美海
二年男子  鈴木将心
四年男子  中村一愛
六年男子  白旗諒介
六年男子  片岡恭
六年男子  高橋直人
六年男子 西村匡生 一般部 初級 小川史生
一般部初級  玉井雅光
マスターズ軽量級 匠原 克
マスターズ重量級 重松 治
一般部男子軽量級 重松敦史

昨年は大勢の選手を参戦していただいた
志優会様の初陣である第一回関東大会
友好団体の拳成館、破天荒塾、野地道場からも多くの選手が参戦されます
よろしくお願い致します
Clip to Evernote

来年度、最大の目標である第1回総極真会 関東大会の締め切りが近づいて参りました

開催日時   平成27年2月14日(土)

       開場 9:00    開会式 9:45   試合開始 10:30

 

試合会場   エスフォルタアリーナ八王子 メインアリーナ

       東京都 八王子市狭間1453−1(京王高尾線狭間駅 徒歩20秒)

 

主  管   社団法人 国際空手道連盟極真会館 世界総極真

 

主  催   世界総極真 志優会

 

後  援   八王子市教育委員会、共同通信社、毎日新聞、産経新聞、月刊フルコンタクトKARATE

 

 出 場 料    6,000円 ※出場クラス(階級)は下記「開催案内&大会規約」をご参照ください。

 

 申 込 先   〒192−0916

       東京都八王子市みなみ野4−33−1−107

       (社)国際空手道連盟極真会館 世界総極真 志優会 大会事務局

       TEL&FAX 042−638−8835

       ※出場申込書と出場料を添えて各団体、各道場一括で現金書留にて郵送下さい。

 

申込締切   平成26年12月26日(金)必着

※お申し込み後はキャンセル・欠場など理由の如何に関わらず、返金はできませんのでご了承ください。

 

来年度は1月2日の初稽古から、この大会を目標に稽古をして参ります

皆様、奮ってご参加ください


Clip to Evernote

今年最後のイベントであるお楽しみクリスマス会と一般部忘年会を執り行いました、今年も教室を開かれている田中 蒼君のお母様が素敵なクリスマスケーキを作ってくださいました






























キャンドルサービスから始まったクリスマス会、今年は幼児が、頑張りました











食事の後はお楽しみゲームコーナー
椅子取りゲームやジャンケン列車など日頃共に汗を流している仲間で楽しく遊びました






















今年は綿菓子コーナーも開設し、自分でお菓子を作る楽しみも味わいました











メインは何と言ってもビンゴ大会です
そしてビリー隊長と妖怪ウオッチを踊り絆を深めました











最後はジャンケン大会で特別賞の妖怪ウオッチを平川 旦君がゲットしました











席上、今年度の最多出席賞、優秀選手賞、殊勲賞敢闘賞技能賞の三賞並びに最優秀選手賞が表彰されました
今年は高橋直人、瑞稀ちゃん兄妹が同時受賞致しました
終了後、一般部忘年会を西葛西北口の鉄人で行いました
拳成会の黒澤館長始め、パーソナルトレーニングの女子も参加してくださり、誕生日サプライズも行っていただきました











来年も仲良く激しくグレードの高い稽古をして良き一年として参りたいと思います
Clip to Evernote

外山晋平先生の本年最後の寝技クラスを、今週木曜日行います、打ち上げ稽古に是非、ご参加ください
Clip to Evernote

石井宏樹選手の引退式が行われました
松栄塾メンバーと写真をお願いしたら、笑顔で快諾してくださいました
Clip to Evernote

「いゃーーー無理ですよ」
プロ試合をチャクリキ甘井先生から聞き斉藤君に言ったときの最初の返事
その時、不思議な事に青地指導員のクラス
青地指導員が言った
「やってみれば、良いじゃん」
まだ、始めて数年、キックは公式の試合アマチュア4戦だけだ
「やってみなければ、わかんないじゃん 若いんだからよ、挑戦しろよ」
先輩に背中を押されて決意した。
いつも、彼の側には応援してくれている仲間がいた
励ましてくれる少年や少女の応援団
世界を取った西島洋介マスターも彼のミットを持った
空手道場のキックボクシング選手にレジャンド金澤久幸先生が
魂のバンテージ巻く
応援に、来てくれている道場の仲間達。
同じ汗を流す仲間 それこそが空手道場の最大の強み
仲間が奇跡を起こした。
アマチュアの彼は空手魂でプロキックボクサーを破った

空手最高!!

Clip to Evernote

僅か一カ月の修行
過酷な原料との戦い
キックのレジェンド、金澤先生は
「空手の勝利ですね」とおっしゃた、
やったぜ斎藤、空手最強!!









































































































Clip to Evernote

ディファ有明で行われましたアマチュアキックトーナメントに門垣祐平選手が
挑戦しました 64Kから58k迄、減量し調子が良かったのですが、またしても
自分の動きができず借敗致しました。

格闘技の神様は、その道を試すのがお好きです。
こんな、思いをさせているのに……
こんな、ひどい目に遭わせているのに……
それでも、お前は格闘技の頂を目指すのか……
門垣選手の復活を切に祈ります
Clip to Evernote

12月7日(日)東京プリンスホテル 大宴会場にて倉本塾2014年度忘年演武会が行われました。
言わずと知れた空手界伝説の武道家 倉本成春先生とそのお弟子さん達が一年間の鍛錬の成果を
披露しながら、来年への指針を示される行事です。
倉本先生と御縁を頂き、八年を過ごさせて頂きました。
その間、非常にお忙しい中、北海道にご同行頂き大会来賓とセミナーを御指導してくださいました。
昨年は、恐れ多くも西島洋介引退試合にセコンドをお願いし恐縮にも熊本までご同行頂きました。
まさに自分も西島さんも「出来が悪いから可愛い」というようなご対応を頂き最高の武学を学ばせて
いただきました。
本日もわざわざお電話をいただき、忘年会の労をねぎらって頂きました。
どこまでも弟子を思いやってくださる最高師範の御配慮に身が引き締まる思いです。
忘年演武会の様々な演武は後ほどフェスブック、ファンページに載せさせていただきます。
今年も押し迫って参りました。
人は鍛えればここまで人を越えられるという限界突破の演武を心して学んで参りたいと思います。
DSC_9180
Clip to Evernote

今日は西島洋介さんが斉藤君の応援に来てくれましたが、斉藤君が休みのため、急遽、西島洋介ボクシングセミナーとなりました、世界を取ったボクシング中心にテクニックとコンビネーションを火曜日大澤クラスのメンバーで学びました
西島マスターが今日教えてくれたテクニックは、このVの最後を見れば理解できます。
Clip to Evernote

13日(土曜日)ディファ有明で行われます第一回アマチュアキックボクシングトーナメントに出場する門垣裕平選手
中学生の時には水泳でジュニアオリンピックを二度制覇し江戸川区スポーツ優秀賞に輝いた時のスペックを取り戻し、キックボクシングの世界にチャレンジします、今回はフェザー級での挑戦、57キロまで絞り込みました、最後の調整をして後は試合に、望むのみ、皆様、応援よろしくお願い致します
Clip to Evernote

文科省の問題行動調査によると、2013年度全国の小中学校などが把握したいじめは18万5860件。その中でも小学校は11万8805件で、二年連続で過去最多を更新したと発表されました。また、度を超えた暴力によって最悪のケースを招く事件も少なくありません。

 

今の子どもたちは他人の痛みにとても鈍感なのです。

 

叩かれたり蹴られたりするということはとても痛いことです。子どもたちは組手の中でその痛みを知り、相手の痛みを自分の身体を通じて知るのです。またその痛みを知ることで、相手に与える痛みの限度を直感的に理解できるようにもなるのです。

空手を学ぶ意義のひとつに痛みをしるということがあります

拳を交えることで人を傷つけるということ、また傷つけられるということがどんなに痛いことなのか、自分の心にはどのような痛みを伴うのかを感じ取るのです。そのことにより、無益な争いをすることなく自分を抑え最小限で解決できる心を学びます。

これはとても大切なことですが、実際に経験しなければ学ぶことができません。


先日の審査で退会する親御さんが(殴るのが嫌だと言われたらどうしょうもなかった)と

辞める言い訳をされました。それを言われたらどうしょうもないと

しかし、殴るのが嫌なら、殴られるのはもっと嫌なのではないでしょうか

残念ながら、殴られない為、殴らなくても済む強さを身につける為、空手をやることを

伝えられなかっことが悔やまれます。

どんな理由を付けても続けられなかったのは、才能がなかったと思うしかありません

才能を伸ばせるように努力を続けて参ります。

Clip to Evernote

12月21日  午後二時から毎年恒例のクリスマス会を行います     年間優秀賞並びに新人賞、昇段者
賞状授与、ビンゴゲーム、プレゼント交換など楽しい企画盛りだくさんです
今年はママさんチームのコスプレによるコスペラ演奏と指導員による妖怪体操が出し物です
12月21日 午後六時三十分より松栄塾忘年会     会場  西葛西   鉄人(小島町二丁目団地前)
焼き肉食べ放題    飲み物50種類飲み放題     牛、豚、大山鳥食べ放題    料金4千円(小学生半額)
幼児無料
12月26日ー27日  冬季合宿    残り定員数   5名
Clip to Evernote

11月30日(日)本年最後の昇級昇段審査会を行いました。
それには元WBF世界クルーザー級チャンピオンの西島洋介さんが激励に駆け付けて
内容の濃い、審査会となりました。
1人1人に成長のドラマがありましたが、特筆するのは、鹿野有里さんの昇段でした。
中学準備のためこの12月で一旦、松栄塾を卒業する有里ちゃんは三歳から10年間空手を続けてくれました
一言に10年と言っても、一昔というぐらい長い期間、毎週会っていると他人とは思えないのが
正直な気持ちです、しかしながら習い事の宿命は出会いがあれば別れがあるという事です。
新しい道に行っても空手で培った「打たれ強さ、人に優しくできる強さ、苦難を乗り越える強さ」
を発揮して頑張って貰いたいと思います。

IMG_0748

IMG_0713

IMG_0711

IMG_0709

IMG_0708

IMG_0707

IMG_0706

IMG_0705

IMG_0704

IMG_0703

IMG_0702

IMG_0696


「2014年 冬季昇級昇段審査会」

2014年11月30日(日)

  (少年部)
9級   石田悠真
9級   露木美咲
6級   荒川太壱
6級   細川龍牙
4級   露木美海
4級   三島千帆
2級   浅見駿介
1級   大橋俊介
 
初段   鹿野有里

 (一般部)

6級   菊池 章
6級   匠原克直
2級   弓削田 充

  
Clip to Evernote

中級クラス、卒業する三名が、参加
みんなにご挨拶されました、受験や引越しなど様々な理由で退会される少年達
松栄塾で培った負けじ魂で、この先の人生を切り開いてください、お疲れ様でした
Clip to Evernote

26日水曜日  キッズクラス
昇級審査の為、型を中心に行いました
特に久しぶりに受ける細川竜牙君と初めて受ける石田悠真君は何度も繰り返し稽古しました
中級クラス
やはり昇級審査を受けるたいちマンこと、荒川太壱君が頑張って中級クラスに出ています、また、打倒、小川泰生に燃える平川 旦君も頑張っております

一般クラスも初めて審査を受ける
菊池さん、昨日も頑張った匠原さんが
頑張っておりました
また、昨日風邪をひいて休んでいた来月プロデビューの斎藤君もマスターにしの特訓を受けておりました
Clip to Evernote

子供の運動神経の発達
神経系の発達は2歳位から始まって、
5歳位で既に80パーセントは出来あがる。
10歳から12歳前後で
約100%発達する
運動は成長期に
不可欠なものである。

★こどもの成長と運動について

★運動は成長に欠かせないものです。
現代の子供は、年々運動する時間が減り塾での勉強や
テレビゲームの普及、遊び場の減少など
原因はいろいろありますが、子供たちに身体を動かして
遊ぶことの楽しさを知ってもらいたい事と、
大人は子供が身体を動かすことの重要性を知っていただきたい。
成長期の運動は
後で取り返すことが出来ないことを学んで欲しい。
運動をすることは、姿勢と非常に強い結びつきを持っています。
なぜならば、良い姿勢を維持するのに大切なのは
「筋肉」の強さと柔らかさのバランスだからです。
筋肉はコルセットの役目をしている。

運動不足になると食欲がわかない上、
夜の寝つきが悪くなります。
よって、翌朝の目覚めも悪くなり、
一日をボーっと過 ごす悪循環になってしまいます。
しかし、運動をすると、
それ自体が成長ホルモンの分泌を促す上、
熟眠をもたらしてくれるので
十分な成長ホルモンが分 泌されます。
さらに、食欲が増すため骨の成長にもつながるのです。

●体力つくりの必要性を簡単にまとめると
・次の四つになります。
成長期の運動不足は、取り返せない。
成長そのものに運動が必要である。
運動不足は様々な影響を及ぼす。
運動経験が大人になってからの生活に大きく影響する。

★1、成長期の運動は成長にあわせた運動をする。
小学生期 神経系 動きづくり(巧みさ)
中学生期 持久力系 スタミナづくり(ねばり強さ)
高校生期 筋力・パワー系 パワーづくり(力強さ)

‐学生期 神経系 動きづくり(巧みさ)
神経系は小学生のうちに完成する。
十歳から十二歳位までにほぼ大人と同じレベルに完成する。
身体を動かしたり、考えたりする脳の機能が
大人と同じになるわけではないが、
その元になる神経のネットワークは完成する。
身体を動かすいろいろな能力は、神経細胞と神経細胞が
つながることで身につき一度つながった神経細胞は
離れることはありません。
少年期に神経系のトレーニングを優先させる理由は
神経系がよく発達する時期だけではありません。
この時期にしか発達しないからです。
大人になってから発達させようとしても遅いのです
少年期に神経系が発達して巧緻性(巧みさ・すばしこさ)が
高まると、スポーツの技術習得がたやすくなります。
「本格的な技術練習は高校生位から」
少年期に神経系を発達させておけばおくほど、
高度な技術の習得につながる。
十歳前後の少年期は即座の習得が出来る。
難しい体の動きをたった一回見ただけで
マネ出来るような能力がある。
大人だと到底無理なことをごく短時間に自然にできる。
この即座の習得能力は神経系の発達が完成に近づき、
動きをこなす体力もある程度備わってくる
少年期の2〜3年だけに得られる即座の習得能力で
この年代は習得の黄金期とも呼ばれてます。
但し、全てのこどもに即座の習得能力が
あるわけではありません。
運動神経をよくするための準備は何年も前から始まっています。
神経系の発達は2歳位から始まって、
5歳位で既に80パーセントは出来あがる。

●小学期・運動の基本
楽しみながら行う。少年期は勝敗よりも
楽しさを一番に考える。
失敗より挑戦。
前後・左右・上下バランスよく体を動かす。
あせらず多種・多様な動きをして、
一つの動きだけに決めない運動をする。
ハードな運動、ハードな筋トレは絶対に禁止。

中学生期 思春期前期 持久力系
・スタミナづくり(ねばり強さ)
思春期に入ると
脳下垂体より成長ホルモンの分泌が活発になります。
そのため身長が著しく伸び,
年間増加量は10cmを越えることもあります。
また同時に性腺刺激ホルモンも分泌され、
男性は精巣から男性ホルモン(アンドロゲン)
女子は卵巣から女性ホルモン(エストロゲン)
が多量に分泌され,男子は筋肉が発達し,
女子は皮下脂肪が沈着するなど,
形態的な男女差が顕著になります。
  この時期には心肺機能が充実し,
また筋持久力も高まるので,
スタミナづくりを中心にした運動が適しています。

9盥酸鹸 筋力・パワー系 パワーづくり(力強さ)
身長の年間増加量が減少し始める思春期後期になると,
骨格が成人に近づいてくるので,
この時期から自分の体重を越えるような
負荷のウェイトトレーニングなどを開始します。

だ長期の運動は骨・内臓器官の発達にも必要不可欠

★2、成長痛(骨端症)について
“生する場所 (10才以上に成長痛はない)

あれっ?なんか痛いぞっ?
予兆や伏線なしに、成長期の子供に発生する体の痛み。
どこかにぶつけたわけでもなく、運動をやり過ぎた、
という記憶もない・・・そんな時、
原因の一つとして挙げられるのが
「成長痛」と呼ばれる病気です。
では、その成長痛とは一体何なのでしょう?
一般的に成長痛の意味を尋ねられると、その答えは一様に
「子供の体が急に伸び出すから?」とか
「発育時の生理現象でしょう」
などという答えが返ってきます。
間違った答えではないものの、しかしこれでは
十分な説明とも言えません。
意外と知られていない「成長痛」の実態を、紹介します。
成長期のお子さんをお持ちの
お母さんお父さんには大事な知識です。

成長痛の正式名称
まず一般的な名前として定着している”成長痛”
という言葉ですが、実はこの言葉は病名としては存在せず、
正式名称として”骨端症(こったんしょう)
と言う呼び名が付けられています。
しかし、この骨端症は成長期の子供たちに多いこと、
また成長に関係する骨組織の障害であるという点から、
徐々に”骨端症”から”成長痛”と呼ばれるようになりました。
成長痛は、正式名称である”骨端症”という病名を見れば、
何となくその病像が見ることができます。
”骨端症”とは、骨+端+症状を合わせた言葉です。
つまり骨の端に症状(痛み)を起こす病気、
と言う事が推測できます。
骨の端というのは、
骨が伸びるために必要な細胞が密に詰まっており、
そこから骨が伸びてゆきます。
ですので成長期の子供にとっては
とても大切な場所であると同時に、
頑張って伸びよう伸びようとする無理なストレスが
加わる場所でもあるため、痛みを引き起こしてしまいます。

成長痛は、発生する場所が決まっています。
よく成長期の子供が骨を痛がっていると
「それは成長痛だよ」という人がいます。
しかし成長痛には、痛みを訴える場所がある程度決まっており、
先に述べた”骨の成長する部分”
(骨の両端)にはストレスが加わり易く、
逆に骨の中央部分には加わり難いため、
どちらかと言うと骨の端である関節付近に痛みを生じます。
もし子供が、すねや腕の骨の中央部分を痛がってるようならば、
それは成長痛とは違うものを考えた方が良いかもしれません。

成長痛の発生する場所。
では、成長痛とはどの関節に多く発生するのか?
これより、発生しやすい成長痛の場所と共に個々の分類、
そして病態を紹介して行きます。

注意が必要な成長痛

バナー病
成長期の子供に発生する肘の骨の病気です。
特に少年野球のピッチャーに好発するため、
野球肘やテニス肘のようなものと勘違いされてしまいますが、
病態はまったく別の物です。
痛みは肘の屈伸で強くなるため
肘を使う事が出来ないのが特徴です。

キーンベック病
手関節は8個の小石のような骨で構成されています。
その中の月状骨と呼ばれる骨が腐る病気をキーンベック病
(月状骨軟化症)と言います。
何らかの原因で月状骨への血行が絶たれて発生すると
考えられています。
手首を良く使うスポーツ(バドミントン・テニスなど)
で発生することが多く、軽微な外傷(捻挫や打撲など)
をきっかけに発症する症例もあります。

ペルテス病
成長期の子供に発生する股関節の病気です。
特に小学校低学年の子供に多く見られ、
痛みは股関節から太もも、膝にまで及ぶことがあります。
痛みのため足を引きずって歩くのも特徴的な症状の一つです。
原因は大腿骨頭(股関節)の血行不良により、
骨が腐ることで起こります。

第一ケーラー病
4〜8歳の男児に好発する足の病気です。
足は複数の骨によって形成されていますが、
その中の舟状骨と呼ばれる骨の異常で痛みを伴います。
症状は2年ほどで自然治癒しますが、
舟状骨自体が足の骨の中でも重要な役割を持っているため、
歩行などの障害にもなる事があります。
原因は血行不良や力学的負荷が
積み重なった結果とされています。

第二ケーラー病
足指の付け根部分の骨が腐ってしまう病気です。
主に中指・薬指の付け根に発生し易く、
歩行と共に痛みを生じます。
原因にはいろいろな説があり確定したものは無いのですが、
靴幅の狭いシューズを長期間使用することで
発生するとも言われています。
また成長痛の多くは男子に現れるのですが、
この第二ケーラー病に関しては女子に多いようです。

少し注意の要る成長痛

ショイエルマン病
何らかの原因で背骨の発育障害が起こる病気です。
発育障害が進むと、胸から腰にかけての
背骨の彎曲が増加してしまい、
体を上手く動かすことが困難になってきます。
あまりにも変形が強いようだと注意が必要です。

ラッセン病
膝蓋骨(膝のお皿)の下の部分が損傷して痛みを伴う病気です。
膝の運動を繰り返すことにより発生すると考えられているため、
スポーツ障害の一つ、という解釈もされています。
どちらにしても、歳月が経てば自然に痛みは収まります。

オズグッド病
膝蓋骨の1〜2cm下の場所が腫れ、痛みを起こす病気です。
成長期の男子に多く発生し、
足を頻繁に使うスポーツなどで症状が誘発される事もあるため、
スポーツ障害の一つとしても考えられています。
症状は2〜3年で自然に消失して行きます。

正常な成長痛

第5中足骨基部骨端症
足の側部(小指側)の真ん中あたりに痛みを起こす病気です。
成長期の男子に多く
過度なスポーツが原因で発生する事があります。
成人でこの場所を痛めた場合は、
「軍隊骨折」と呼ばれる骨折の可能性もあります。
子供から大人にかけて、
様々な障害の発生しやすい場所と言えるでしょう。

踵骨骨端踵
8〜12歳くらいの男子に多く見られます。
男女比で言うと(男:女=6:1)くらいでしょうか。
痛みは踵(かかと)のアキレス腱が付着する部分に発生し、
腫れや熱感等を伴います。
靴による圧迫やスポーツのやり過ぎは、
この障害を引き起こす原因ともなっています。
症状は2〜3年で自然に消失して行きます。

★運動は成長に欠かせないものです。

現代の子供は、年々運動の時間が減ってきています。
塾での勉強やテレビゲームの普及、
遊び場の減少など原因はいろいろとありますが、
子供たちには思いっきり体を動かし遊ぶことの
楽しさを知って欲しいものです。
また、私達大人も子供が体を動かすことの
重要性の認識をもっと深めていくことが大切だと考えます。
運動をすることは、姿勢と非常に強い結びつきを持っています。
なぜならば、良い姿勢を維持するのに大切なのは
「筋肉」の強さと柔らかさのバランスだからです。
筋肉はコルセットの役目をしている。

運動不足になると食欲がわかない上、
夜の寝つきが悪くなります。
よって、翌朝の目覚めも悪くなり、
一日をボーっと過 ごす悪循環になってしまいます。
しかし、運動をすると、
それ自体が成長ホルモンの分泌を促す上、
熟眠をもたらしてくれるので
十分な成長ホルモンが分 泌されます。
さらに、食欲が増すため骨の成長にもつながるのです

運動の前には体を動かすためにエネルギーが必要です。
運動の2〜3時間前に、
炭水化物(ごはん、パン、麺類など)を中心とした食事を摂ると
炭水化物が分解されて作られたエネルギーが
満タンの状態で、運動で十分に力を発揮できます。
また、炭水化物を効率よくエネルギーに変えるためには、
ビタミンB1、B2の助けが必要。
これらが豊富に含まれるウナギ、大豆、牛乳、卵、チーズなどを
同時に摂るのがおすすめです。
脂肪もエネルギーになりますが、消化吸収に時間がかり、
未消化のものが胃の中に残ったまま運動すると
体に負担がかかるので、
運動前には揚げ物などは控えたほうがよいでしょう。
運動の後には筋肉は運動によって損傷を受けるので、
修復するために、筋肉の材料となるたんぱく質が必要です。
通常は、1日に体重1kgあたり1g程度のたんぱく質を
摂取するのが目安ですが、
ハードな運動をしている人の必要量はその2倍。
たんぱく質の豊富な魚、卵、肉、大豆乳製品を
意識して摂りましょう。
水分補給を兼ねて、アミノ酸飲料を飲むのも効果的です。
また、大量に汗をかくような運動では、
水分と一緒にミネラルも失われてしまうので、
水やお茶よりも、ミネラルが含まれるスポーツドリンクが
適しています。

子どもの遊びが、外遊びからテレビゲームなどの室内遊びが
中心になってきています。
子どもの頃に運動が不足していると、
神経系へ十分な刺激が加わらなくなるため、
身体バランスが悪く、身のこなしが下手なまま成長します。
その結果、転倒しやすく、少しの運動でも怪我をしやすくなり、
さらに運動不足を招くことに。
また、運動不足は肥満やメタボリックシンドロームに
つながる恐れもあります。
さらに、骨は運動で力が加わることによって成長し
骨密度も高くなりますが、
骨量は20歳頃にピークを迎えた後は減少していくので、
子どもの運動不足は将来の骨粗しょう症の原因にもなります。
そして、子どもの運動の二極化が進んでいるのも
問題になっています。
運動しない子が増えている一方で、
スポーツクラブに入って積極的に運動を行う子どもも増加。
サッカーや野球など同じスポーツばかりを
日常的に行うと、同じ筋肉や関節に負担がかかります。
成長期に偏った運動だけをするのは、
身体機能の発達や体の発育に好ましくありません。
スポーツに打ち込むのもいいことですが、
鬼ごっこや缶けり、校庭の遊具で遊ぶなど、
昔ながらの子どもの遊びには、さまざまな動きが含まれています。
外で友達と自由に遊ぶことも、
子どもにとっては大切な運動なのです。

成長期の骨量と運動

現代っ子は骨がもろく骨折しやすいといわれる。
しかしそれは、自分のからだの動きを制御するともいうべき
身体支配能力が最近の子どもは低く、
そのためにさまざまな動きに対応できないために
骨折することが多くなったのか、
骨折を医学的に正確に捕捉する率が上昇し、
骨折の発見率が上がったためなのか、
それとも以前に比べて骨密度が低下したために
骨折しやすくなったのかは明らかではない。
しかし、高校生の3〜4割は過去に1回以上の骨折経験を
有しており、成長期の健康課題という点からも
この問題は見逃すことができない。
また成長期には、生涯にわたって健康的に生きていくための
基礎的なからだづくりが必要とされ、
とりわけ高度な高齢社会が予測される
21世紀に生きていく現代の青少年にとって、
この時期の運動は骨の成長だけでなく
すべての機能に極めて重要な意味をもっている。
成長期に骨は著しく発育し、筋肉などの発達とあいまって、
さまざまな運動が遂行できるからだの基礎が完成される。
例えば、大腿骨や上腕骨などの長管骨では、
成長軟骨部(骨端線)の骨化により長軸方向の成長が起き
骨は長くなり、
骨膜の骨化により横軸方向の成長が起き骨は太くなる。
骨の成長には成長ホルモンや甲状腺ホルモン、
あるいは性ホルモンなどが大きく影響している。
成長ホルモンは骨膜や骨端部での骨化を促進し、
男性ホルモンは骨端部の軟骨細胞の活動を促進させ、
女性ホルモンは成熟を促進する働きをもっている。
したがって、成長期には
これらホルモンの分泌量に骨の成長は大きく影響される。
第二次性徴期はこれらホルモン分泌が著しく、
そのため身長も生後1年間を除いて最も伸びる。
さまざまな運動やスポーツによる機械的刺激が、
骨密度を上昇させることはよく知られている事実である。
いうまでもなく骨は、内臓の保護やカルシウムの貯蔵、
造血作用、あるいは関節をつくって運動器官として
高度に働いており、骨密度が高いことは
日常生活を送るうえで重要であることはもちろんのこと、
スポーツ活動が安全でダイナミックに
行えるためにも重要である。
しかし、すべてのスポーツが骨密度を上昇させるとは限らない。
数多くあるスポーツの中でも、
空手・柔道のように骨密度を非常に高くするスポーツの
場合もあれば、女子長距離ランナーにみられるように、
骨密度が低いスポーツもある。
このようにスポーツが骨密度に対してどのような影響を
及ぼしているかは、スポーツ選手にとっては
その競技力や健康の側面からも重要な問題であるが、
競技者だけにとどまらず、成長期の骨の正常な発育、
成人における骨量維持、骨粗鬆症の予防や
治療を考えるうえでも重要なことといえよう。
卓球、水泳を除いてほかのスポーツでは
いずれも非運動群より高い値を示している。
この様相は競技者の場合と同様で、
衝撃を伴う運動やスポーツの方が骨密度は高い。
さらに、これを骨密度の高上昇群と低上昇群で分けてみると、
栄養摂取・睡眠時間をはじめとする生活習慣では
差がみられないが、運動習慣で有意な差を見ることが出来る。
このように、成長期には運動が
骨密度上昇に大きな影響を与えている。
image
Clip to Evernote

11月22日土曜日 基本クラス 宇野師範代
審査に向かって型を中心に身体の使い方の稽古をしました
テコンドークラス
シムソンミン指導員
Clip to Evernote

金曜日 基本クラス
タケちゃんが調子悪く、基本直人に任せて仮面ライダーを見させる
組手は喜んでやったが、型になるとまた遊んでしまった、なかなか、手強い

久しぶりの女子部クラス
佐藤海ちゃん担当
審査が近いので型を中心に稽古しました
Clip to Evernote

基本クラス、キッズクラス
史上最年少のコウちゃんタケちゃんがガチの組手をやりました(⌒-⌒; )
中級クラス 片岡恭リーダー
最近、青帯、黄色帯の子が中級クラスに多く参加しております、少しづつですが、型も組手も上手くなっています
やはり、自発能動的な稽古が大切です

一般クラス 斎藤亮二、西島洋介さん
ボクシング特訓
ウェービング、ダッキング、更には
クロスカウンターを学びました

Clip to Evernote

11月17日 基本クラス なぜか女の子が、大量参加、防具の件、伝えました
中級クラス、高橋直人リーダー
平安の裏を完全マスターせよとの伝言を何度もビデオを見て覚えてきた、偉い子だ
一般クラス、マスター西島特別クラス
12月14日デビューが決まった齋藤君と特訓、いみじくも今日はボブサップ引退試合からちょうど一年、本当に早い
人生なんてあっと言う間に過ぎていく
地元の寿司屋でささやかな水乾杯
Clip to Evernote

Clip to Evernote

Clip to Evernote

Clip to Evernote

Clip to Evernote

11月15日 宇野師範代風邪のため休講
親子で参加の小川、玉井、菊池さん参加の親子空手 稽古終了後、新入会メンバーの歓迎会、共に参加したいのだか、飲酒Dr.ストップの為、敦史塾長に行ってもらう  中級クラス、高橋直人中心にテコンドークラス、小さいファイターがオリンピックを目指して稽古中

Clip to Evernote

Clip to Evernote

Clip to Evernote

Clip to Evernote

Clip to Evernote

Clip to Evernote

Clip to Evernote

Clip to Evernote

↑このページのトップヘ