師範日誌

松栄塾の日々の活動、道場でのちょっとした出来事 映画情報、音楽情報、読書感想 観戦記を、 報告いたします  更新はなるべく毎日行うように 致します 教育とは魂の設計なり

国際武術総合空手道連盟と松栄塾の日々の活動をご報告致します また師範の武道教育の柱となっている「魂の設計」について 思うままに書き連ねております 松栄塾 塾生は必見 連絡等も行います.押忍

達人に学ぶ
達人に剣術を習って1ヶ月がすぎた 現代、古武術四天王と
言われる黒田鉄山先生である 日本刀を抜き始めて約、1年に、なるがいまだに抜けない いや、抜けているつもりだったのだが、全く抜けていないことに気がついた それどころか、素振り 礼式すらまともに、できないようである。
それでも、黒田鉄山先生は自分に気を遣ってくださり、色々と型を教えてくださる 先生の動きには力と無駄 遊びが全くない甲野先生の動きも達人であったが、鉄山先生の指導には、その事を感じさせない凄みがある 失礼な事だが、先生が、話をされているとき襲って倒せるか創造してみた
真剣を持っていなくても木刀でも不可能だと感じた。
40年間何をやってきたのだと反省することしきりだが、
新しい技術を必ず空手に活かしたいと思い修行して参りたい
Clip to Evernote

4aaa7e77.jpg9月10日 江戸川区役所に赤松会長 鈴木事務局長と
江戸川区議会議員 竹内 進先生のご案内で全日本選手権大会のご招待状を持って行きました
席上、江戸川区に900名を越える選手を招待できる
喜びと感謝の辞を頂き最優秀選手に江戸川区長賞として
記念の楯を頂けることになりました

また、鈴木事務局長の作ったポスターを観て
「上手だ 素晴らしい」を連発し一流の画家が描いた
ポスターみたいですねとお褒めの言葉を頂きました

全日本選手権大会まで後、1ヶ月 陰の労苦に感謝しながら
大勝利の大会にして参りましょう
Clip to Evernote

76cb3d07.jpg斉藤康文君が優勝した 120キロの体重を活かし
並み居る強豪達を怒濤のローキックで倒していった

彼が入門したのは今年の2月、まだ半年のキャリアで全国大会を(初級とはいえ)制するとは人並み外れた才能であろう 彼は宮井顧問初の紹介者である
「会費の半分を俺が持ってやるから」とほぼ、騙されたような格好で初日 道着を買いに来た 「練習していくよな」仏のような顔で言う塾長にも騙され初めて空手の稽古を体験する 運悪くその日は水曜日 選手強化稽古に参加してしまった 初日から
組手 案の定 塾長の上段が顔面に炸裂する
鼻血を流しながら「えらいところにきてしまった」
と思ったことだろう しかし先輩達の激励もあり
6月の関東実践空手において3回戦進出を果たす
毎週水曜日の特訓に毎回参加し「ガンダム」等の
(体中に防具を着用し何ラウンドもスパを繰り返す)稽古をこなしてきた高校生に蹴られ女子に蹴られ散々な目にあって強さをものにしてきた
彼はかつて柔道の推薦選手であった 膝を壊し
諦めなければならない過去を持つ 時はオリンピック真っ直中 メダルラッシュの柔道界をどのような
気持ちで観ていたのだろう 夢は新たな道を
切り開いた柔道から空手へ 塾長以来の転向組の
今後の活躍に期待したい
Clip to Evernote

56db2cfb.jpg火曜日から始まった夏期強化練習が
土曜日をもって終了した 総勢28名で幼児から
主婦まで夏休み最後の週を有意義に鍛えた
2日目は空手英会話 シェーン英会話教室と
コラボレーションで始まったこの企画は
世界大会で何のコミュニュケーションも取れず
残念な想いをした反省からきている ますます
国際化する現在にあって語学は語身術である
木曜日は型修得 毎回この日は型ができず
涙を流す子供がいる 青春の1ページに
鍛え流す涙があっても良いと思う 所詮、
格闘技はどれだけ多く血と涙を流したか
それで強さが決まるのだから 金曜日は
得意技の修得 1人1人の体型 性格 筋力
を割り出しそこから、得意となりうる技を
考え出していく日頃の稽古では不可能な
実験が行なわれた そして最終日は心の時間
土曜だけは6時から開催のためかなり目減りするの
出はないかと予想したが、ほとんどの生徒が参加した、この点を観てもいかに参加者のレベルがあがったか、決意と目標を持ち夏期強化練習は終了した
全員に全日本選手権大会参加賞の新しいタイプの
ワッペンの授与があり1人1人が誇らしげに
5日間を学びきった
Clip to Evernote

塾長オリンピック参加画像

松栄塾 塾長 重松栄一
昭和35年12月25日生まれ 43歳
国際総合空手道連盟 事務総長
空手道 教師七段 
昭和40年4月 全国少年空手道選手権大会(後の全日本少年空手道選手権大会) 個人戦組手の部 優勝
昭和43年−48年 全日本少年空手道選手権大会 連続学年優勝

昭和49年12月 全日本中学生空手道選手権大会 個人戦組手の部 優勝 内閣総理大臣杯受賞
昭和51年2月 国際空手道連盟 極真会館入門 同年初段獲得

1986年 大道塾北斗旗空手道選手権大会 無差別級 出場ベスト8
1987年 大道塾北斗旗空手道選手権大会 中量級 出場 ベスト16
1987年ー89年 全国総合格闘技選手権大会 中量級 3年連続優勝
1993年ー95年 全日本格闘技選手権大会 無差別級 3年連続優勝
1993年10月 正道会館主催 全日本空手道選手権大会 出場
 1回戦 クレイグ、マッコード(プロシュター)合せ1本勝ち
1993年 国際総合空手道選手権大会 タイガー級 優勝
1994年 ハワイチャンピオンシップ1994 日本代表

1994年 正道会館主催 カラテワールドカップ94 出場
1996年 国際総合徒手格闘技選手権大会 出場 ベスト8
1998年 グアムスーパーボウル ワンマッチ出場 1ラウンドKO勝ち
2000年12月 USAスーパーチャンピオンシップ 1ラウンドKO勝ち
2001年3月極真会館(緑派)第7回オープントーナメント全関東空手道選手権大会マスターズ優勝
Clip to Evernote

2004年度 夏期強化稽古が始まった
いつもより暑い夏故、余り人が集まらないかなと
思っていたが、25名の参加で、その中には婦人の
方がいたり女子高校生や高校生、中学生も含まれており多彩なメンバーで始まった 今日第一日目は
「体力強化」がテーマ 毎日違ったテーマで稽古に
アプローチできるのも、強化稽古の良いところである 最初に塾長から強化稽古の意義と目的が話され
「1人1人がレベルアップできる稽古にしていく」旨
話された 最初は体のバランス感覚とスタミナを付けるラダートレーニング 縄ばしごのように引かれたラダーを様々な角度から走り抜くトレーニングである 思いっきり汗をかき、水分を補給してから
自衛隊等で行なわれている、アーミートレーニング
を行なった 前後左右上下を合図共に動き続ける
かなりきつい稽古だ あまりのきつさに泣き出す子も出現 最後は回転拳立て40回とスクワット100回ジャンピングスクワット30回を行ない休憩を取りながらメンタルトレーニングを行なった
塾長の話の後、「正しい道着のたたみ方」を学び
第一日目を終了した 明日は空手を通じた英会話だ
Clip to Evernote

江戸川ケーブルテレビに行ってきた
江戸川区民ホールの3階にある編集室にいき
玲子さんに11月17日の全日本選手権大会の大綱を
話す、大変、興味を持っていただき当日、取材 放映を
約束していただく 午後から会場になる江戸川総合体育館
にいき、正式に会場を予約する 多少、会場費は懸かって
しまったが、いままでの会場費から考えたら、かなり割安で
借りることができた これも、江戸川区議会議員の竹内先生
のおかげである 大会まであと、残すところ2ヶ月
悔いのない戦いをしていこう
Clip to Evernote

明日から道場は3日間 お盆休みを
強行致します 本当は1人の為でも
道場を開けておきたいのですが、
24日から始まる夏期強化練習と
全日本選手権大会の準備で、まとまった
休みを取るのが難しくなるので、休ませて頂くことになりました 悪しからず お願い致します
Clip to Evernote

TBSで10月2日に放映される 「オールスター感謝祭」
に現在3名の松栄塾メンバーが候補として挙がっている

1人は、最強女子選手 小野知沙子

 2人目に候補とされたのは、小学生女子戦士の

   志尾舞夢 そして何と、大穴が、奥様ファイター
   唐戸 夢
3名のうち1名が出演し松栄塾の代表として演舞を行う
演出の狙いは「この人が」という企画らしいので
誰が選ばれるかは、今のところ分からない
いずれにしても3名の女神たちに幸運を祈る
Clip to Evernote

鈴木邦子の毎日の日誌初公開

こちらからどうぞ

  http://blog.livedoor.jp/suzukikarate/
Clip to Evernote

↑このページのトップヘ