師範日誌

松栄塾の日々の活動、道場でのちょっとした出来事 映画情報、音楽情報、読書感想 観戦記を、 報告いたします  更新はなるべく毎日行うように 致します 教育とは魂の設計なり

国際武術総合空手道連盟と松栄塾の日々の活動をご報告致します また師範の武道教育の柱となっている「魂の設計」について 思うままに書き連ねております 松栄塾 塾生は必見 連絡等も行います.押忍

2011年03月

東日本大地震から半月余りが経過しました。
原発などまだまだ、心配な事は山積みですが、少しづつ再建の
足音も聞こえて来ています。
先日、稽古の時、少年部のお母様が「毎日、テレビを見ていると
これが本当に日本で起きていることなのかと思い涙が止まらない」
とおっしゃっていました。
ある少年部一年生のW君に「地震の時、どこにいたの」と聞くと
「学校」と答えて、その時の事を思い出してしまったのか、眼に涙が
いっぱいに溜まり、これ以上は聞けないと感じました。
直接的な被災地でなくても、ここまで少年の心を傷つけているという
事実を思い、被災して家族を失ってしまった人達はどれほど辛い思いをされていることだろうと心が痛みます。
このような非常時にも人は希望という名の勇気を奮い起こして
再建に立ち向かわなければなりません、絶望の中から希望を生み出す
要素はやはり心の強さと心の支えになる一書にかかっていると思います。

2001年に「還暦ルーキー」の題名で出版された平山讓著作の作品は
阪神淡路大震災を背景とした物語です。

神戸市長田区鷹取商店街で写真屋を営む古市忠夫は大のゴルフ好きでした、妻や娘達は商売にも励まずゴルフ三昧の父を陰で批判、そんな一家を大地震が襲いました。
商店街は焼け野原と化し店も家も失いました。
ところが唯一焼け残った車のトランクにゴルフバックだけ残っていたのです。
それから4年後、商店街の復興に駆けずり回り、店は諦め保険金で家だけ建てた父に妻達は問い詰めます。
「もう、お金あれへんで・・・」
「これから、どないして食べていくんや」
迫る妻と娘に還暦を迎えようとする父は宣言します。
「俺なぁ、プロゴルファーになんねん・・・」
気でも狂ったかと唖然とする妻と娘
ゴルフバックを指さし父は続けます
「駐車場に残っていた車のトランク開けたらな、こいつがあんねん、
きっと神様がこいつで生活せえと、俺に残してくれたんや」

後に赤井英和主演で映画化もされたこの作品は、60歳目前でプロテストに合格した古市忠夫プロの数年間を描く実録ノンフェクションであります、プロテストでの一球一球を追う終盤、古市プロの心の強さは
あの大震災を乗り越えた人としての強さでありました。
古市忠夫プロにおけるゴルフバックは、生き残るための心の支えで
あったのでしょう。

一書で知る「心の支え」そうした事を一人でも多くの少年少女達に
伝えていきたいと毎日、対話を重ね下手な小説を書き続けています。



Clip to Evernote

今日は松栄塾期待の若手、門垣君と石川君が来て敦史塾長と
スパーリング中心に稽古をしました。
特に石川君は敦史塾長とスパを8ラウンド連続でこなし
その後、心臓が飛び出すほどミットを蹴り込みました
稽古後、今回の地震と原発の問題を自分の身に置き換えて
話し合いました。
二人ともゆとり世代と言われ、今まで余り真剣に社会の事を考えた事は
ないと言いながら、今回は本当に生かされている命を考えていました
若いと言うのは只それだけで価値のあることだということを
改めて思い知りました。
未来を生きる青年達に本当の意味で「生きる力となる武道武術」
を教えて征かなければならないと強く決意致しました
稽古は常に自分が学ぶ場であると思います。
BlogPaint


Clip to Evernote

悪夢のような東日本大震災から、早くも二週間が経ちました
日本という国は3.11から全く違う生活を余儀なくされる転換を迎えてしまいました
だいぶ、落ち着いてきたとはいえ、まだ余震が続き気を許せないなかでも
松栄塾の元気な少年達はいつもと変わらず稽古に参加をしてくれています。

昨日は地震の事をみんなで話し合いました
幸か不幸か江戸川区は計画停電に入っていないので余り生活に支障は出ていませんが
やはり、水道の水が飲めないとか近所でも液状化の現象を受けている方々、買い占めによって
ガソリンや水、お米が手に入らないといった現状を受け震災直撃の被災地ではどれほどの
ご苦労をされているのか心が痛みます

生かされている命に感謝をし今、自分にできることをしっかり行っていきたいと思います
それにしても、本当に大変なのはこれからでしょう
今回の地震で受けた打撃は様々な当たり前の事を変えてしまいました
戦後60年、安心して水道の水も飲めないような状況になったことを今の子供を含む
自分たちは知りません、戦後まもなくの苦労話を語ってくれるような先輩も今はほとんど皆無でしょう
ましてや今回の原発問題は今後の日本がどのような道を選ばなければならないか、誰もが真剣に
考えなければならないほどの問題となっています
このまま最悪の状態が起こらずに収拾されたとしても、食べ物飲み物に多くの不安を
持たなければなりません また昨年のような猛暑になった場合電気が来ないような生活に
どれほど対応ができるのであるのか不安は尽きません。
今、一番大切なこと それは1人1人が生命力をつけることに他ならないと思います。

今ほど「生き抜く」という力を蓄えなければならない時はありません。

何か一つでも自信を持って貫けるもの その一つを1人1人にしっかり伝えていくため
全力を挙げて頑張っていこうと心の底から決意をしています
どのような環境にも振り回されない強い心 それを確立することこそ武道、武術の持つ
最大の社会貢献であると思います。
Clip to Evernote

このような状況であるからこそ私たち武道家は多くの少年達に
勇気と元気を伝えるため決行致しました。
事前申し込みも少なく数名での開催を覚悟していたのですが
30名以上の受験者があり3時間に及ぶ審査も暖かなお父様お母様の
見守る中、元気いっぱいの昇級昇段審査が出来ました。

今回のみの「筆記試験」も松栄塾 
大地震復興決意昇級昇段審査   筆記試験と銘打ち
「問1」
貴方は何の為に空手をやっていますか?○を付けてください
(複数回答加)
1,自らが強くなり困っている人を助けるため
2、災害が起きても恐れることなく落ち着いて行動する
3、心を鍛え何が起きても負けない自分を作るため
4,どんな悲しみも成長するバネにするため
5,日本復興のため世に貢献出来る人になるため
「問2」
今、あなたに出来ることはなんですか?
(複数回答加)
1,大変な時であるから、我慢をする
2,お父さんお母さんの話を良く聞き約束を守る
3,一日一日を頑張って生き抜く
4,胸の悲しみを大きな愛に変えていく
5,弱い人を空手家らしく励ます
という項目に全員が◎をして持って帰りました

今回の試験は初級クラスの受験者が多く、今後の松栄塾を
担って立つ少年達に熱き楔が打てたことは大変に良かったと思っております ガソリン不足に為、わざわざ電車を使って拳成館の黒澤館長始めお弟子さん達もご協力をいただき、見事なる型や移動稽古を
見せていただきました。組手だけではない空手の持つ深遠なる魅力を披露してもらい、それだけでも開催して良かったと思いました。
今後、復興再建に向けて敦史塾長中心に行った気合いの10ヘブン
は生涯の財産になっていくと心の底から感じました。

前期 昇級昇段審査会  合格者

オレンジ帯 10級  栄 碧音

空帯   9級    少前祐人
空帯   9級    濱本琉陽

青帯   8級    渕上 颯
青帯   8級    宮崎瑠衣
青帯   8級    福島智也
青帯   8級    倉持真波
青帯   8級    福島洋也
青帯   8級    倉持海里
青帯   8級    渕上滉玄
青帯   8級    石井宏和

紫帯   7級    幸松弦勇
紫帯   7級    西島 豪
紫帯   7級    宮崎一輝
紫帯   7級    宮崎美優
紫帯   7級    倉持美玲
紫帯   7級    栄 緑音

黄帯   6級    渡辺理央
黄色   6級    高橋直人
黄色   6級    西村匡生
黄色   6級    内山宗也
黄色   6級    内山力太
黄色   6級    川崎拓馬

赤帯   5級    阿野優貴

緑帯   4級    山西啓太

紺帯   3級    沓澤かこ

茶帯   2級    松永稜真
茶帯   2級    矢部義貴
茶帯 金糸1本 1級  大澤雄一

黒帯 金糸1本 初段 小野崎永吾
黒帯 金糸1本 初段 高瀬聖輝 

以上 3月20日付け

尚、今回様々な事情により受験できなかった人のため4月に再度審査会を行う予定です。

DSC_7250


Clip to Evernote

本日12時より3時間 新宿で格闘家達の募金活動が
行われました これには当連盟に協賛していただいている
野地竜太選手(野地道場)西島洋介選手(フリー)も参加
30名を超す格闘家で三時間の募金活動を行い約130万円の
義援金が集まりました 全額日本赤十字社に送られます

頑張れ格闘家 頑張れチームサムライ
20110319-00000001-gbr-000-thumb
Clip to Evernote

ebe406da.jpg本日3.40分最大で4.09分地球に最も近づきます 月が地球から一番遠い時の14%大きく30%明るい19年ぶりの大満月です 危機の前兆と言う人もいますが見る人の心が写し出されるのでは
ないでしょうか

自分には新しい時代を迎えるための
夜明けに見えます
松栄塾 師範 重松栄一
Clip to Evernote


Clip to Evernote

7dbef45b.jpg気合いを入れて
自分自身を奮い立たせなければ
いけません 大澤さん中心に選手クラス気合いを入れて不安や恐れを吹き飛ばしました
日曜日の審査も決行致します
みんなの元気を集め一人一人が引き出しましょう
松栄塾 師範 重松栄一
Clip to Evernote

以下詳細

今週土曜日に格闘家の仲間たちを集めて『格闘家による東日本大震災募金活動』を行うことになりました。

場所は新宿駅西口小田急百貨店前で、時間は12時から15時の間になります。
もしお近くにいらっしゃる際にはお立ち寄り頂けたら嬉しいです。
また周りの方やブログなどで告知して頂けたら有難いです。

参加メンバー・大山峻護、加藤清尚、西島洋介、金原弘光、三崎和雄、リョウペガサス、所英男、野地竜太、高瀬大樹

集まった義援金は環境問題でずっと活動されている映画監督てんつくマンさんのNGO法人メイク ザ ヘブンにすべて寄付をさせて頂きます。
てんつくマンさんはいま実際に仲間たちと共に仙台まで直接支援物資を届けに行っており、義援金はその支援金とさせて頂きます。
Clip to Evernote

テレビをつければ悲惨なニュースばかりだし
暗い話題ばかりでネガティブになっています
たまには笑いましょう
笑う力は免疫力を上げ生きる勇気に繋がります
自分はもう、絶望的観測を止めました
Clip to Evernote

↑このページのトップヘ