師範日誌

松栄塾の日々の活動、道場でのちょっとした出来事 映画情報、音楽情報、読書感想 観戦記を、 報告いたします  更新はなるべく毎日行うように 致します 教育とは魂の設計なり

国際武術総合空手道連盟と松栄塾の日々の活動をご報告致します また師範の武道教育の柱となっている「魂の設計」について 思うままに書き連ねております 松栄塾 塾生は必見 連絡等も行います.押忍

2012年04月

p14

p16
Clip to Evernote

パンフレット完成後 こちらのミスで変更点がございました
関係各位の皆様には大変に失礼いたしました。
心からお詫び申し上げます     代表  重松


小学校2年初級Aに 田村翔太君(摯風塾)が入ります

小学校5−6年女子に菊池紗来さん(摯風塾)が入ります

小学校5年全日本大会
ゼッケン190番 中山 耀選手と ゼッケン195番 赤羽駿晴選手を入れ替えさせていただきます。
またゼッケン199番 相田将之選手は202番に移動となります。

一般男子重量級メインコート69試合は高校重量級 決勝戦に変更致します

一般OPFルール ワンマッチは

仲嶺優哉選手(吉川道場)VS吉田和人選手(闘心會)となりました。

以上、よろしくお願い致します    4月24日現在
Clip to Evernote

トーナメント 公開致します
p2
p8
p9
p10
p11
p12
p13
p14
p15
p16


残り二週間を切りました 最新情報はフェイスブック 全日本武術総合空手道連盟 大会グループを
御参照ください 宜しくお願いいたします    押忍
Clip to Evernote

松栄塾 初陣の戦いであった東都空手道選手権大会
残念ながら結果を出すには至りませんでした
敦史塾長が二回戦負け 他のメンバーは全て一回戦負けでした
現行のフルコンタクト大会のレベルがいかに高いか見せつけられる大会でした、
残念なのは試合に負けて報告にも来ない、言われなければ
挨拶にも行かない基本的なことが出来ない
武道家としての試合における最低限の事もできないものが大半だったことです
今後はそのような事も含めて試合に出るマナーや常識を教えていかなければ
いけないと反省を致しました。
全体として少年空手から大会に出場している大会慣れした選手が多く
年に一回に大会に出るような素人選手がどうなるような大会ではなくなって
いるというのが現状です
このような大会に出場し上位入賞をするためには
選手として稽古時間を確保し選手用の稽古を積まなければ無理でしょう
今後の松栄塾の課題は原点に立ち返り
厳しい選手クラスの稽古に参加できるメンバーを何名創れるかに掛かっているでしょう
いずれにしても、今回の試合を反省の材料として次なる目標、関東空手道選手権大会に
向かって参りたいと思います
昨日は応援のため、わざわざレンタカーまで借りて応援に来てくださった
佐藤さん御一家、お忙しいなかお時間を作って大和から応援に来てくれた
拳成館の皆様、申し訳ありませんでした。
Clip to Evernote

明日、川崎とどろきアリーナにおいて松栄塾、本年度初陣である「東都空手道選手権大会」が
開催されます これには敦史塾長 青地指導員 先月の審査で晴れて黒帯に昇段した
大澤さん 畠野さん 弓削田さん 斉藤さんの6名が挑戦します。
大会はあくまで修行の一環ですが、応援してくれる人がいて挑戦する以上
勝ちに行く戦いを望みます。
詳細はブログもしくはフェイスブックにてご報告いたします
皆様、応援を宜しくお願い致します。
PIC_0052
Clip to Evernote

↑このページのトップヘ