2日の日曜日に、NHK教育テレビ『こころの時代』で1999年11月に放映した―祖母が話してくれたアイヌの神々―の再放送を行なっていた。これは、今年の5月に亡くなった、アイヌ出身で参議院議員も務められた萱野茂二風谷アイヌ資料館々長を、金光寿郎氏が訪ねて対談を行なったものである。ここで語られた萱野氏の話のなかには、歴史のなかで理不尽な扱いを受けてきたアイヌ民族の怒りが静かに燃え上がっていた。現在は、日本の大陸侵略は盛んに語られるが、ともすると同じ国に住んでいた先住民のアイヌ民族に対する迫害は忘れられがちである。

 渡辺京二著『逝きし世の面影』では、外国人であるヒュースケン(ハリスの通訳官)や、カッテンディーケ(オランダ海軍軍人で勝海舟に航海術を教えた人物)が日本の西欧化が日本を不幸にすると良心のうずきを訴えているが、私が初めて北海道で神社を見た時、思わず下を向いてしまったほど、強烈な違和感と胸の痛みを覚えた。(これが奈良辺りだったら全く印象は違っていただろう)
 そして、この番組を観ているうち、アイヌ民族の迫害というほどハッキリした形ではないが、近代化の旗の下、つい数十年前の我々の身の回りでも大工の事情も無視した尺貫法の禁止など、国家を挙げて西欧化に走った愚挙もあり(永六輔氏の尽力で何とか緩和されたが)、科学的という名の許に、現在も人間を単純化してとらえる医学やトレーニング法が幅をきかせ、それによって身体に問題が起こっても、科学の権威は大きく、それらのトレーニング法は今も圧倒的に多数派である。したがって、こうしたトレーニング法の問題点を根本的に見直すため自分の頭で考え、身体の感覚で確かめてみようという人は本当に稀である。
 まあ確かに感覚によって有効な稽古法(トレーニング法)を行なうという事は大変難しい。なにしろ有効な方法であればあるほど身体全体が微妙に関連しているため、それを意識で観察して、その状況を検討することは原理的に不可能に近いからである。まるで臆病な野生生物の生態を観察するほど困難なことである。まあ、現代では遠方からの望遠レンズや特殊な自動撮影出来る装置を使えば、ある程度のことは出来るだろうが、野生状態にいるものを直接触れて確かめる事など不可能であろう。
 しかし、真に有効な技は、そうしたいわば身体の中の野生状態にしかないのではないかという思いは、この頃確信に近くなっている。そして、そうした働きを現出させるため、最近は「器に入れた銘酒をこぼさないように運んでいた時、ボールが飛んで来たので小腰をかがめて避ける」とか、「掌の懐中時計を見ていた時、遠くで自分を呼んでいるような気がしたので、フト斜め前方を見る」とかいったシチュエーションをつくって、その時、最も自然にそれらの動作ができるかをいろいろ試みている。つまり、武術的に見ると、それらの動作が自然と出来た時、その手が意識しないのに思いがけない威力のある手となっている事を体験し始めている。この事によって、あらためて感じることは、こうした動きの向上には、日常の動作そのもののレベルを上げる必要があるという事である。そんな事を考えていると、昔、武術の世界でも職人の世界でも入門した者にはいろいろな掃除や雑用をさせたというが、これは、より自然な状態での身体の運用法を身につけさせるために非常に意味のある稽古であったように思われてならなくなってきた。だからこそ昔、居合の達人、通称三尺左五平(本田左五平)の瞬時に抜き差しした刀に餡子箆(あんこべら)で餡を付けて、左五平をも唸らせるような団子屋の親父なども存在したのだろう。
 とにかく体の中に偏りがなく、自在に動けるような身体をつくることは、これからの体育にとって重要な課題となるだろう。これからは、掃除や工作、農作業等も体育として考えていくべきだと、あらためて強く感じた。