敦史塾長の車の様子が悪く昨年の事故が原因かと思い久しぶりに盒響芦馗垢
ジャパンレーストラックに伺いました。http://www.racetruck-trends.co.jp/index.html
相変わらず、油まみれのジーパン繫ぎを履いて遅くまで仕事をしておりました。
その姿はまさに、職人、男のが憧れる頑固親父です。
松栄塾では何回も大会会長を務めていただき、西島洋介引退試合では一角ならぬ
ご支援をいただきました。
DSCN0589

どうしても話題は、YahooNEWSで騒がれている「極真会館 故大山倍達の孫、覚醒剤で逮捕」
でした。事件の渦中にいるA君は何度かジャパンレーストラックに遊びに来ていました。
当時、まだクリクリ坊主頭だった彼は盒恐馗溝子の孝士朗君と同級生でとても、仲が良かったそうです。これは、あくまで私の私感ですが、日本のマスコミはなぜ、事件が起こるとその背景をつけて
事を重大に見せようとするのでしょうか。今回の事件はあってはならないことでは、ありますが
「極真会館 故大山倍達」と何度も何度も強調する必要はどこにあるのでしょう。
極真会館を庇護するわけでは、ありませんが、このような書き方は全世界の極真会愛好家または
その関係書を著しく傷つけるものではないのでしょうか。
A君が産まれた時にもう、極真会館の大山倍達総裁は(1994没)いらっしゃらなかったわけですし
この事件によって故人の功績が傷つくものでは全くないと考えます。
自分の青春も「極真会」がなければ全く違うものになったでしょう、また極真会館には心から
尊敬できる指導者の方や誇りの思える後輩もたくさんいます。
その人たちを、全て社会的犯罪者のような書き方はどんなものでしょうか。
所詮、売れれば良い三流ジャーナリストが書いているのでしょうが、その背景までが
間違っているというような書き方はしないでほしいと思いました。

盒恐馗垢麓岼豢擇如∩瓦ブレません。
この低燃費、軽量縮小化の進む自動車産業において、ひたすらアメリカ車のカスタマイズに
こだわり、馬鹿デカい車を来る日も来る日もいじっています。
続けられることが最高の才能と良く言いますがまさにその言葉通りです。
その会長ですら、今の時代は「根性」「気合い」などと言っていたら取り残されると
言われておりました、時代に迎合するわけではありませんが、松栄塾も考え方を一新
しなければならないと考えさせられました       押忍