昨年、東京オリンピック啓蒙運動の一環として区立の小学校へ空手の講演をさせていただきました
DSC_3887

当日は1,2年生の低学年 3,4年生の中学年、5,6年生の高学年と3クラスに分かれ空手の基本動作と実体験そして空手の意味と源流についてお話をさせて頂きました。
DSC_3892

空手の基本的な動きでは、全員に真似をしてもらい、突きや蹴りの稽古を行うのか
体験をしていただきました、気合の入った生徒たちに、とても元気をいただきました
DSC_3899

講演では低学年の生徒さんたちには、空手の生まれた意味や現代における役割を、なるべく優しく
お話しさせていただきました。空手の役割と実践では護身術の動きも解説させていただき、力の
弱いものが強いものに負けないようにするための身体の使い方を解説いたしました。
先生方に相手をしてもらい技をかけると、みなさん眼を輝かして感動してくださり、とても
素直な小学生たちに心が洗われるような気持ちでした。
DSC_3939

DSC_3940

3、4年生の皆様には空手の威力を分かりやすく理解していただくため、手技や足技で板割の
実演を観てもらいました。
DSC_3911

講演では空手に先手なしという格言を通じて、本来の空手は人と戦い強さを顕示するだけのものではなく、自らを守り、弱いものを助け争いを止める武道であるという話をさせて頂きました。
5,6年生の皆様には、空手の歴史ある型を見て頂き体幹を中心とした体重の移動、身体操作で
いかにして最高の力を出せるのか、皆さんに体験をしてもらいながら、解説させて頂きました
DSC_3937

高学年の子からは空手に対して質問もしていただき、皆さんに理解できるようお答えをさせて頂きました
DSC_3904

DSC_3884

講演では空手のみに限らずあらゆる伝統文化は、繋いでくれた人がいて、今自分がそのバトンを
受け継いでいるというお話をし「皆さんが、ここに存在するのも繋いでくれた人がいるからとの
感謝を忘れずに勉学、スポーツに励んでください」と結びました。
最後の演武では寸瓩砲茲覺こ笋蠅鯣簣させて頂き、驚きの歓声を頂く事ができました。
DSC_3945

終わりには代表の生徒様より感謝の言葉をいただき、このような機会を作ってくださった校長先生に
心から感謝致しました。
DSC_3916

いよいよ、来年は東京オリンピックで空手の種目が開催されます。
今後とも、自分にできる事を精一杯頑張って参りたいと思います。
                                押忍