押忍
ご無沙汰しております 半年ぶりの師範日誌更新となります
昨年の4月に癌が発覚し、遺言みたいな小説書いていましたが、(下記 リンク 師範note参照)
奇跡的に癌が寛解し、肝炎ウィルスの治療も進んで、完全復活まであと少しとなりました。

当初はクリスマスまでは、持たないと思い、残念ながら娘の卒業式と入学式は見られないのかと
諦めておりましたが、多くの方々の献身的な応援と様々な方々の祈りによって、生かされることと
なりました。一週間後の、24日には、晴れて娘の卒業式となります。

松栄塾も長引くコロナの影響でかなりのダメージを受けましたが、取り敢えず毎日誰かはトレーニングや稽古に訪れている状況です。本当に有り難いことだと皆様に感謝する日々です。

今更とは思うのですが、この師範日誌もそろそろ、閉鎖しようかと思いましたが
この闘病期間、書いた駄作が、世に出る可能性が出てきたので、その報告だけでもと思い
少しづつ書き綴ろうと改めて決意致しました。

今年に入り、松栄塾は今までのようなキック、空手、トレーニングというような
種目別の稽古日を決めるのではなく、月曜日から日曜日までそれぞれの目的に合った
稽古トレーニングができるよう、変更致しました、極力、指導者がいて指導、補助、共に鍛えて
は、いきますが、空手の時間であっても、サンドバッグトレーニングをしても良いし
ウェイトトレーニングを行うのも自由という体制で行っていきたいと思います。

将来的には女子のダイエット効果の高い、格闘技系エクササイズや呼吸法に代表される
精神修行の稽古も取り入れられたら、それこそが「総合空手」となり得る松栄塾の目標と
するところとなります。

先日、とあるセミナーのYouTube動画を見ておりましたら「恐竜と人間どちらが強いかといったら
恐竜にはかなわない、しかし、長い歴史の中で人間が生き残り恐竜が絶滅したのはなぜか?
それは絶えず人間が進化をし変わったのに恐竜は変わることができなかったからだ」と
話されていました。時代の変化とともに、変わりゆくことのできるものだけが、生き残ることが
できると思います。松栄塾も単なる空手道場ではなく様々なことが学べ、一人一人が新しい時代を
生き抜いていける総合人間育成道場にできたならば、50年も空手をやってきた甲斐があると
考えます。

いずれにしても今後の松栄塾でもっとも大切なことは
仝亀い砲覆譴詁讃
△い韻于燭を必ず学べる道場
I陲凌誠颪魎尭阿任る道場
し鮃を維持し病に負けない道場
ュを作り大切にしていく道場

以上をモットーに勇躍前進して参ります      押忍
IMG_1946