師範日誌

松栄塾の日々の活動、道場でのちょっとした出来事 映画情報、音楽情報、読書感想 観戦記を、 報告いたします  更新はなるべく毎日行うように 致します 教育とは魂の設計なり

国際武術総合空手道連盟と松栄塾の日々の活動をご報告致します また師範の武道教育の柱となっている「魂の設計」について 思うままに書き連ねております 松栄塾 塾生は必見 連絡等も行います.押忍

我思う故に我あり

2日の日曜日に、NHK教育テレビ『こころの時代』で1999年11月に放映した―祖母が話してくれたアイヌの神々―の再放送を行なっていた。これは、今年の5月に亡くなった、アイヌ出身で参議院議員も務められた萱野茂二風谷アイヌ資料館々長を、金光寿郎氏が訪ねて対談を行なったものである。ここで語られた萱野氏の話のなかには、歴史のなかで理不尽な扱いを受けてきたアイヌ民族の怒りが静かに燃え上がっていた。現在は、日本の大陸侵略は盛んに語られるが、ともすると同じ国に住んでいた先住民のアイヌ民族に対する迫害は忘れられがちである。

 渡辺京二著『逝きし世の面影』では、外国人であるヒュースケン(ハリスの通訳官)や、カッテンディーケ(オランダ海軍軍人で勝海舟に航海術を教えた人物)が日本の西欧化が日本を不幸にすると良心のうずきを訴えているが、私が初めて北海道で神社を見た時、思わず下を向いてしまったほど、強烈な違和感と胸の痛みを覚えた。(これが奈良辺りだったら全く印象は違っていただろう)
 そして、この番組を観ているうち、アイヌ民族の迫害というほどハッキリした形ではないが、近代化の旗の下、つい数十年前の我々の身の回りでも大工の事情も無視した尺貫法の禁止など、国家を挙げて西欧化に走った愚挙もあり(永六輔氏の尽力で何とか緩和されたが)、科学的という名の許に、現在も人間を単純化してとらえる医学やトレーニング法が幅をきかせ、それによって身体に問題が起こっても、科学の権威は大きく、それらのトレーニング法は今も圧倒的に多数派である。したがって、こうしたトレーニング法の問題点を根本的に見直すため自分の頭で考え、身体の感覚で確かめてみようという人は本当に稀である。
 まあ確かに感覚によって有効な稽古法(トレーニング法)を行なうという事は大変難しい。なにしろ有効な方法であればあるほど身体全体が微妙に関連しているため、それを意識で観察して、その状況を検討することは原理的に不可能に近いからである。まるで臆病な野生生物の生態を観察するほど困難なことである。まあ、現代では遠方からの望遠レンズや特殊な自動撮影出来る装置を使えば、ある程度のことは出来るだろうが、野生状態にいるものを直接触れて確かめる事など不可能であろう。
 しかし、真に有効な技は、そうしたいわば身体の中の野生状態にしかないのではないかという思いは、この頃確信に近くなっている。そして、そうした働きを現出させるため、最近は「器に入れた銘酒をこぼさないように運んでいた時、ボールが飛んで来たので小腰をかがめて避ける」とか、「掌の懐中時計を見ていた時、遠くで自分を呼んでいるような気がしたので、フト斜め前方を見る」とかいったシチュエーションをつくって、その時、最も自然にそれらの動作ができるかをいろいろ試みている。つまり、武術的に見ると、それらの動作が自然と出来た時、その手が意識しないのに思いがけない威力のある手となっている事を体験し始めている。この事によって、あらためて感じることは、こうした動きの向上には、日常の動作そのもののレベルを上げる必要があるという事である。そんな事を考えていると、昔、武術の世界でも職人の世界でも入門した者にはいろいろな掃除や雑用をさせたというが、これは、より自然な状態での身体の運用法を身につけさせるために非常に意味のある稽古であったように思われてならなくなってきた。だからこそ昔、居合の達人、通称三尺左五平(本田左五平)の瞬時に抜き差しした刀に餡子箆(あんこべら)で餡を付けて、左五平をも唸らせるような団子屋の親父なども存在したのだろう。
 とにかく体の中に偏りがなく、自在に動けるような身体をつくることは、これからの体育にとって重要な課題となるだろう。これからは、掃除や工作、農作業等も体育として考えていくべきだと、あらためて強く感じた。

Clip to Evernote

北京から帰ってきて、何となく体が重たいなぁと思っていたら
金曜日の夜から熱が出てきた 一晩寝れば直るだろうと軽く考えていたら
次の朝、寒気と関節痛で起きること出来ず
何とか、体を引きずって道場に行き、熱を測ると「39.8℃」
なんじゃこれゃーーーーという感じで宇野本部長にお願いし千脇先生に
お詫びの電話を入れて寝ることにした 中国では殆ど寝ていなかったから
疲れが出たのだと思うが、熱が出るのは決して悪いことではないので、
体を休められて良かったとポジティブに考えることにした

日記に書きたいことが山ほどあるのに、やらなければならないことが
山住状態で、まるで忙しいことを書くだけで終わってしまう甲野せんせいの
ブログのようになってしまった そんな状態で「今日この頃、みなさん
いかがお過ごしですか」なんて書く、大嘘つきの「きっこの無露愚」みたいな
アホな事書きたくないので、(これを書いてるやつも読んでるやつも大嫌いだ)
更新していなかったら、昨日いよいよ「プライド」が放映中止になった

格闘技「PRIDE」の放送対応中止についてのお知らせ
                          フジテレビ広報部

弊社で放送中の格闘技「PRIDE」について、契約先の株式会社ドリーム
ステージエンターテインメントによる契約違反が判明いたしましたので、本日を
もって同社との契約を解除すると共に、今後の同ソフトの放送及びイベント
開催への関与を中止することを社として決定いたしました。ここにお知らせいたします。

各紙はこれで、格闘技ブームは終わりであるとか、今年の大晦日は
格闘技番組なしと報道された 所詮、流行は流行と言うこと
と思うと悔しいやら可笑しいやら
自分が馬鹿に思えてくる。

本物はいつの時代にあっても「続ける」ものである。
どんな偉大なチャンピオンであっても続ける事を止めたときには、ただの人になる
六本木ヒルズの火事場泥棒達も偽物だから逮捕されて続けることができない
時の流れというのは賢いものだ、現実は厳しい 本物の武道家に熟れるよう
どう自分を磨いていくか、残りの人生はすべてそこに懸けたいと
「流転」を聞きながら思った。
Clip to Evernote

田原とマッチ

マッチと田原

名前 マッチと田原

『年齢』
マッチ 肉体年齢82歳
田原  ヘアコンタクトは気にならないけど
    けど哀愁だけなら結構・・

『職業』
マッチ 最近もっぱらマシン転がしてます。
田原  最近ではモノマネしてくれる人すら
    いなくなってきました。

『趣味』
マッチ お洗濯をしながら「う〜ん!お日様
    のにおい!」と言うことです。
田原  窓辺で小鳥のさえずりを聴きながら
    赤毛のアンを読むことです。

『夢』
マッチ 返り咲き
田原  返り咲き

『住所』
マッチ ・・・上
田原  ゴジラとか結構来る。

『特技』
マッチ ごぼう抜き
田原  ターン

『長所』
マッチ ギンギラギンなのにさりげないところ
田原  教師なのにビンビンなところ

『短所』
マッチ さりげないのにギンギラギンなところ
田原  ビンビンなのに教師なところ

『似ている有名人』
マッチ 片岡鶴太郎
田原  コロッケ

『チャームポイント』
マッチ 天使のような悪魔の笑顔
田原  シルエット

『最近気になること』
マッチ よっちゃん
田原  よっちゃん

『私の自慢』
マッチ 3,4年前は今より10堊蕕擦討拭
田原  出会い系メールではモテる方。

『今だからごめんなさい』
マッチ 明菜・・・ごめん
田原  林檎殺人事件

『愛について』
マッチ 春夏秋for you
田原  バイブルはハーレクイーンです。



What's new?


  ★今日も読んでくださいまして、ありがとう 押忍
  ★下のランキングを押忍 押忍
人気blogランキングへ
  

Clip to Evernote

3fa28657.jpg今日、NHKで9時から放送の「プロフェショナル」は、参考になった
人気漫画でテレビドラマになった「ドラゴン桜」のモデルになった
カリスマ英語教師竹岡広信先生の事がやっていた
氏は授業の向上の為、「いかに面白いと思わせる」事の重要性を説く
生徒が知りたいと思ったとき、教える為に命をかける
「10年後、なにが残っているか それを教えている」
「1人の為に頑張ること 1人がすべてである」空手を教える事にも
十分参考になる 最大に感心したのは、耳の不自由な生徒のために
話すことを全部、黒板に書き出したことだ、一時は授業が遅れるのではと
みんなに危惧されるが、一年間それを貫き通す 結果として、分かりやすい
授業とはに大きく発展する 授業は真剣勝負 常に自分が試されていると
語る 質問だけの授業で分からないことに遭遇したときには、自宅まで
参考書を取りに帰って、わざわざ、解説するという1人を大切にする
信念に貫かれた教育はやがて大きく実を結ぶことになる

さらに「きっかけで人は伸びる」とし、きっかけを作るために
手を変え品を換え努力をしている また、子供は「興味を持てば
何でも、入っていく」と言いきる。

受験勉強の本当の意味を問われた時には、
「人生はどこかで、何かを真剣にやらなければならない時期がある
それを乗り越える事が人生の宿命や苦難を乗り越える原動力に
なるはずだ その一つが受験勉強だと思っている」
受験の為だけの勉強ではなく一つのことをやりきる自信と勇気を
与えるための学習 それはすべての習い事に共通する大切な
テーマであると思った

一つの事を真剣に深く考える そこに人生の深みも広がりも
備わっていくのだろう 

最後の受験シーズンに突入した1,2月
竹岡先生は一本一本、鉛筆を側面を削り、「なにくそ」と書き込んだ
鉛筆を全員にプレゼントする それはなにがあっても「あきらめない」
竹岡流の信念の表れなのである

受験を通して人間教育を行う竹岡先生に
空手を通じて人間教育をする松栄塾は共感を禁じ得ない



   ★今日も読んでくださいまして、ありがとう 押忍
   ★下のランキングを押忍 押忍
人気blogランキングへ
Clip to Evernote

空手道MACの試合が終わって、今後の方向性について考えてみた
今の空手道松栄塾は本当に自分がやりたかった事であるだろうか

取り敢えず少年達も増え選手も育ってきている 一般会員も
亀の歩行のようだが、少しづつ発展はしていると思う

毎年の国際総合空手道連盟の全日本を運営していけるだけの
体力は付いているし、今年からは春の東京大会という
新しい目標も掲げることが出来た

しかし、何かが違うような気がして仕方がない
本当にこのままで良いのであろうか?

先日、フルコンタクト空手を30年前に教えていただいた
先輩に会っていろいろな事を相談できた
5年を契機に新しい方向性を出していきたいと思った
少なくても大会に入賞することだけを、目標とする
スポーツ空手 競技空手とは一線を画していきたい

尊敬する古武術のK先生は
「人間というのは、本当に日々さまざまな事があるなかを数え切れないほど折り合いをつけて生きているのだなあ」ということ。私も右上腕の痛みが出て、満足に稽古が出来なくなってから、もう1ヵ月半くらいになるが、これを今すぐに痛みを無くすことをしたら(別に痛み止めの薬を使うという方法でなくても)、どうも身体とは別のところで厄介な問題が降ってくるような気がする。
 武術の稽古・修行というのは技を行なうための体の鍛錬とか、それに伴う精神内面の修練ということも大事だが、それもこれも"生きている"という大前提あっての事であり、人が人として生きているという事そのものに斬り込む事に比べれば小さなことではないかと最近しきりに思う。
 もちろん、技の修練そのものが、人が人として生きていることの意味を問うことに直結することが武の道の本道なのだろう。『願立剣術物語』に言う、「正直を諍うこと」とはこの事かも知れない。そして、この本の四十二段目が浮かんでくる。
 「道は在って見るべからず、事は在って聞くべからず、勝は在って知るべからず」
 やはり人間が生きているという事を直に問うのに、私が武術の道を選んだのは正解だった気がする。

と話されていた 松栄塾の本当な価値を示せる次の5年にしていきたい
Clip to Evernote

c010d094.jpg
   真実の教育とは 魂の設計である

  どのような状況に置かれても

    武道家らしく  自分らしく  素直に 清らかに

       生き抜こう

  60億分の一のキミだから

    60億分の1の使命を果たすために・・・


        180名のスーパーキッズ達へ
Clip to Evernote

↑このページのトップヘ